国際サービスシステム株式会社は建機も産機、汎用機械のサービス、総合エンジニアリング企業です

 

 
建設・土木機械

各種検査

車検
国が一定期間ごとに、車の安全性の確保及び公害防止の観点から、安全・環境基準に適合しているかどうか確認する検査です。

揚検(性能検査)
吊り上げ荷重3トン以上のクレーンは、有効期限が定められた検査証が発行されます。性能検査は、クレーンの機能低下によって危険を生じる恐れがないかを検査し、検査証の有効期限を更新するものです。性能検査を受けないでクレーン検査証の有効期限が過ぎたクレーン(休止報告がなされたものは除く)は廃止にしたものとみなされます。廃止したものとみなされクレーンを再び使用するのは性能検査ではなく、使用検査の申請手続きを経なればなりません。したがって性能検査はクレーン検査証の有効期限内に必ず受ける必要があります。

年次定期自主検査
事業者はクレーンを設置した後、1年以内ごとに1回、定期的に定められた事項について自主検査を行うものです。これは吊上げ荷重3トン未満のクレーンも対象となります。年次点検の検査記録(記録表)は3年間保存しなければなりません。

特定自主検査
定期自主検査を行わなければならない機械のうち、フオークリフト、不整地運搬車、車輌系建設機械、高所作業車等、特定の機械については1年以内に1回(不整地運搬車は2年に1回)、一定の資格を持つ検査者の検査を受けなければなりません。これを特定自主検査と言います。クレーンについても基礎工事用の機械や掘削用の機械として使用する場合は必要となります。特定自主検査の検査記録(記録表)は3年間保存しなければなりません。また、検査が終了した検査済み標章を機械の見やすい箇所に貼らなければなりません。
 

ホームへ ページのトップへ

Copyright(C), KOKUSAI CO.,LTD. All Rights Reserverd